交通事故賠償

交通事故発生から解決まで

交通事故発生から解決までの流れについて説明します。

 

あなたが交通事故に遭った場合、または、交通事故を起こしてしまった場合、まずは、警察に連絡をしましょう。

 

小さな交通事故であっても、警察に連絡をすべきです。これを怠ると、のちのち示談交渉をしたときに、揉め事に発展する危険があります。
なぜなら、警察による客観的な実況判断をもとに、「過失割合」が決められ、示談のさいは、この過失割合や過去の判例をもとにして、損害額の負担割合が決められるからです。

 

次に、保険会社に加入している場合は、保険会社に通知をします。
そして、病院に入院または治療を受ける場合は、必ず社会保険と任意保険を利用してください。
通院時に利用したタクシーや治療にかかった諸費用は、必ず領収書やレシートをもらっておきましょう。請求するときなどに必要になります。

 

そして、治療費や休業損害、慰謝料など、交通事故よる損害額(賠償金)について被害者側と加害者側で示談交渉をします。
ほとんどの場合、保険会社を仲介して示談交渉が進められます。

 

保険会社は、過失割合や過去の判例を基準にして、賠償金額を提示します。
示談交渉の結果、お互い折り合いがつけば、示談成立です。

 

しかし、折り合いがつかなければ、交通事故紛争処理センターでの和解・裁定を利用することになります。
ここで提示された和解案・裁定に保険会社などは従わなければなりません。
また、事案によっては、被害者側が加害者側を訴訟提起する場合があります。その場合は、裁判による判決を元にして解決します。