請求できる傷害時の賠償

請求できる傷害時の賠償

交通事故を遭った場合、請求できる傷害時の賠償について説明します。

 

まず、治療に関する損害は実費全額を賠償請求できます。
しかし、治療費として認められる損害のみであり、必要性が否定された過剰診療や高額診療の治療費は損害として認められません。
また、マッサージ費用、温泉治療、鍼灸、治療器具、薬品代金などは医師の指示に従ったものであれば,損害として認められ、請求できることが多いです。

 

つぎに、交通事故で仕事を休んだため、給与やボーナスが支払われなかった場合は、「休業に関する損害」として認められ、賠償請求することができます。
そのときの休業損害金額は、日額基礎収入と休業日数を掛け合わせて算定します。
有給休暇も休日日数としてカウントされますのでご注意ください。
また、治療期間中に解雇され無職となってしまった場合は、治療後まで、または治癒後再就職に要する期間までの休業損害を認めた判決例があります。

 

つぎに、請求できる慰謝料について説明します。
慰謝料には「入通院慰謝料」「後遺症慰謝料」の二種類があります。
入通院慰謝料は、交通事故によって医療機関への入通院を強いられたことにより生じた精神的損害に対する慰謝料のことです。
そして、後遺症慰謝料は怪我が治癒した後も残ってしまった後遺症(機能障害、運動障害、神経症状)などの症状に対する慰謝料のことです。
また、後遺症のある被害者の方は、後遺症があることによって失われた利益についても「後遺症による逸失利益」として賠償請求することができます。