交通事故賠償について

保険会社の実態

交通事故に遭った場合、その後、ほとんどの被害者は保険会社と交渉して示談を進めます。
しかし、保険会社の言いなりになると損をすることが多いのです。
ここで、保険会社の実態について解説したいと思います。

 

ほとんどの被害者は日本を代表する保険会社、また外資系の一流保険会社が提示する補償内容だから、不当な内容であるわけがないと判断しがちです。
また、保険会社は交通事故のプロフェッショナルですから、不用意に争って勝てる相手ではないと思い込んでしまいがちです。
そういう誤った認識から、保険会社の提案する内容で被害者は示談を進めてしまいます。

 

しかし、保険会社は慈善団体ではありませんので、営利企業として、自社の支払い金額を極力減らす努力をしているのです。
表向き誠意がある対応であっても、被害者にとっては不利な内容であることがほとんどです。これが保険会社の実態です。

 

交通事故における損害賠償の基準には、正当である裁判所基準と保険会社が設定した保険会社基準の2つの基準があります。
保険会社基準とは、示談のときに、弁護士が介入する前に保険会社が提示する基準です。

 

裁判所基準とは、裁判所で通用する基準であり、賠償金額が最も多い基準です。
裁判を起こした場合、当然、被害者はこの基準で賠償金額が決定されます。しかし、交通事故の示談においては、このようなダブルスタンダードが平然とまかり通っています。
保険会社の言いなりで示談を進めれば、間違いなく正当な補償を受けることはできないでしょう。