交通事故賠償について

弁護士へ相談するメリット

交通事故が発生したら、一般的に被害者やその被害者の家族は、保険会社と示談を進めます。
しかし、示談に際し、専門家を挟まないため、ほとんどのケースで被害者側は保険会社のいいなりになっています。
弁護士を雇うと何かとお金がいるので、個人で示談をした方が多く補償を受けられると考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
それは誤った認識です。そこで、弁護士相談のメリットについて説明します。

 

保険会社が提示してくる補償金額は、保険会社独自の基準に基づいて決定されています。
そして、この基準で算定された補償金額は、そのほとんどが裁判によって法的に賠償される正当な賠償金額よりも低いのです。

 

交通事故に遭い、怪我をしたり、精神的なダメージを受けたりしている被害者にとって、裁判をすることはかなり敷居が高いように思えますが、弁護士に一任をすれば、被害者の負担がなく示談の交渉ができます。
それらが弁護士相談のメリットです。それでは、保険会社基準と裁判所基準の差異について知っていただくために一例を取り上げます。

 

後遺障害等級14級、治療期間9ヶ月の事例です。
保険会社の提示した金額は、後遺障害慰謝料が43万円で入通院慰謝料82万3000円です。
一方、裁判所基準で計算し直すと、後遺障害慰謝料が110万円で入通院慰謝料109万円になりました。
つまり、裁判所基準で算定された賠償金学は保険会社基準のほぼ2倍です。さらに、裁判を行うことで、賠償金の支払いに遅延が生じた場合、遅延損害金を被害者は得ることができます。
弁護士相談のメリットについてお分かりいただけたのではないでしょうか。