交通事故賠償

過失割合について

交通事故が発生し、被害者側にも過失がある場合は、加害者の過失の度合いと被害者の過失の度合いを算出します。
この交通事故における加害者と被害者の過失の度合いを割合で表したものを過失割合と呼んでいます。

 

被害者にも事故の過失がある場合は、加害者が全て損害額を負担しなくてもよいのです。
加害者の過失の度合いと被害者の過失の度合いを相殺し、被害者の損害額は減額されます。

 

例えば加害者の過失の度合いが70%、被害者の過失の度合いが30%程度である場合は、過失割合は7:3になります。
被害者に生じた損害の額が1000万であれば、加害者は1000万円全額では無く、700万円の賠償をするだけでよいのです。

 

過失割合を決めるときは、警察による客観的な実況判断が必要です。
加害者と被害者の当人どうしで示談交渉をしてしまうと、後々の紛争に繋がりかねません。
このため、加害者であろうと被害者であろうと、些細な交通事故であっても、警察に通報したほうがよいでしょう。

 

また、加害者と被害者同士が任意保険に加入していた場合は、保険会社が交通事故損害額算定基準や民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準などを認定基準として考慮し、過去の判例などから一般的な負担割合を提示します。

 

当事者同士は、その提示に基づいて示談で解決する流れ一般的です。このとおり、過失割合は判例や通説のみならず、実務でも確立しているため、過失割合が具体的数字として類型化が可能なのです。