交通事故賠償

自賠責保険と任意保険の違い

日本の自動車保険は「自賠責保険と任意保険」の二種類があります。
自賠責保険と任意保険の違いについて説明します。

 

車の免許をお持ちの方には常識ですが、自賠責保険とは新車を購入したときや、車検を受けた時に加入が法律によって義務付けられている強制的な保険です。
そして、任意保険とは、自賠責保険では賄えない補償を補うために、自動車の所有者が任意に加入する保険のことです。
日本で自動車を保有している方のほとんどが加入しているのが実情です。
それでは、補償内容について確認して見ましょう。

 

自賠責保険と任意保険の違いは、自賠責保険の補償内容は人身事故のみを対象としていることに対して、任意保険は、対人・対物賠償や搭乗者補償、そして車両の損害などを補償の対象としています。
自賠責保険だけでは自損事故を起こしても、器物を破損しても一切補償されないので注意が必要です。

 

さらに、被害者を出した時、示談についても自賠責保険と任意保険の違いがあります。
自賠責保険だけなら示談交渉は個人で行わなければなりませんが、任意保険に加入していた場合は、示談代行サービスが付帯されていることが多いので、その場合は、保険会社が示談交渉を代理で行ってくれます。

 

また、自賠責保険には支払限度額が定められていますが、任意保険では無制限など自分で補償範囲を選ぶことができます。
さらに、自賠責保険は保険金を請求するとき、自分自身で申請を行わなければならず、ある程度専門的な知識が必要ですが、任意保険は、専門的な知識も要らず、比較的手続きは楽です